山形の防犯カメラ 監視カメラのご相談、設置工事、アフターフォローならコムコム    山形パナソニック代理店 アイ・コマース株式会社
 

CLINIC


病院に監視カメラを設置することで、クリニックの財産とその従事者、患者が常に保護されているという安心感が得られます。

患者の保護:
医療機関が保持している医療記録には、各個人に関する重要な個人情報が多く含まれています。
これらの非公開情報は、個人情報窃盗犯や陰謀者にとってとても価値のあるものです。
このような盗難に遭うと金銭的被害だけでなく医療機関の社会的責任も追求されてしまいます。
医療機関専門の窃盗団は、現在の日本ではまだ防犯設備の無いクリニックが多く窃盗しやすいと思っています。
待合室等にあるビデオ監視システムは、患者の医療記録と身元を安全に保つのに役立ちます。

医療機器、サプライ品の保護:
もう1つの重要事項は、医療機関は様々な機器を持っていることです。
医療用品には、舌圧子や綿棒などの安価なものから、X線装置や高度な医薬品などのハイテク機器にまで及びます。
防犯カメラは備品を安全に保ちます。

リモート監視:
IPビデオとデジタル技術の進歩により、任意のコンピューター、スマートフォン、タブレットから監視映像をリモートで表示できるようになりました。
これにより、管理者は外部にいるときでもリアルタイム監視できるようになります。又アラートを設定すれば即座に対応できるため、医療施設を24時間保護できます。


クリニックビデオ監視の注意点
患者と医師のプライバシーを常に保護することは非常に重要です。
カメラは患者のプライバシーと信頼を危険にさらさない公共エリアにのみ配置する必要があります。

クリニックに入るすべての訪問者をキャプチャするために、入り口近くにカメラを配置します。
保管室や廊下にカメラを設置して、医療機器の安全性を確保します