山形の防犯カメラ 監視カメラのご相談、設置工事、アフターフォローならコムコム    山形パナソニック代理店 アイ・コマース株式会社
 

OFFICE


防犯カメラは、企業を外部および内部の脅威から保護するのに役立ちます。

近年、従業員の監視とビジネス監視のための設置が増えています。
外部侵入者であろうと、従業員の盗難であろうと、物理的なセキュリティ侵害は、企業にとって大きな懸念事項です。

会社に防犯カメラを設置するのは基本的に違法性はありません。 そうは言っても、ビジネスを保護するための撮影と、従業員のプライバシー権を侵害する可能性のある撮影との間には境界線があります。
そのラインを越えないことが不可欠です。

職場の監視カメラ違法使用 プライバシーが侵害される可能性のある、ロッカールーム、休憩室、従業員ラウンジ、その他プライバシーが侵害される可能性のある領域では違法と見なされます。

設置における注意点
防犯カメラを設置することに違法性はありませんが、防犯カメラに記録された個人の特定できる映像はすべて”個人情報”にあたります。
適切に管理しておかないと、プライバシー侵害にあたる可能性があることを認識しなければなりません.。
映像データの閲覧には制限をかける必要があります。
データの管理をしっかり行い流出を防止しなければなりません。
カメラ設置の理由を社員に告知し、管理責任者を明確にすることが望まれます また、社内規定に明記することも必要です。

経済産業省のガイドライン

  • モニタリングの目的(取得する個人情報の利用目的)をあらかじめ特定し、社内規定に定めるとともに、従業員に明示すること。
  • モニタリングの実施に関する責任者とその権限を定める事。
  • モニタリングを実施する場合には、あらかじめモニタリングの実施について定めた社内規定案を策定するものとし、事前に社内に徹底すること。
  • モニタリングの実施状況については、適正に行われているか監査または確認を行うこと。